« ■ 11月の鎌倉散策 ① ■ 鶴岡八幡宮・安養院 | トップページ | ■ 11月の鎌倉散策 ② ■ 報国寺・和賀江島 »

2014年11月22日 (土)

■ 今年の秋も大山詣 ■

Dsc_0026_600_x_600

杉木立の中に鮮やかな紅葉が    阿夫利神社下社で














11/10    10:00    sun

出かけるのが遅くなってしまったが、PCXで大山へ向かう。 dash dash

R134~八間通り交差点を右折~県道61号を北へ~小田急伊勢原駅~県道611号~大山駐車場へ

途中のコンビニでおにぎりを調達し、正午には大山ケーブル駅に到着。






・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆






登り片道だけの切符を買って、ケーブルカーを待つ。

山麓駅に到着したOYAMA号

Dsc_0175_600_x_600














山上駅に停車中のTANZAWA号

Dsc_0007_600_x_600

この2台のケーブルカーが中間駅(大山寺)で離合する。

でも、この車両も来年の5月までで見られなくなる。→ → ケーブルカーリニューアルの記事

50年も働けば定年退職だよね。お疲れ様でした。まだ、あと半年あるけど、がんばってね~~。(´▽`)

きっと来年のGWには、”さよならフェア”で混雑が予想されるので、今回、じっくりとTANZAWA号の最後尾の車窓から撮ってみた。





全長 786m・最大勾配 25度30分の全行程を~

















残念ながらヤマモミジの紅葉にはまだ早かった。→→ 2012年の大山詣りでは

Dsc_0032_600_x_600

天気はよかったけれど、相模湾も江の島も少し霞んで見える。












園芸品種のモミジは紅葉の真っ盛り。

Dsc_0034_600_x_600














このモミジは毎年、一番先に紅葉するようですね。

Dsc_0050_600_x_600













今日は下社の紅葉を眺めながら、お昼を食べることに~

Dsc_0099_600_x_600












紅葉狩りには早かったが、代わりに阿夫利神社の菊花展を見ることができた。

Dsc_0043_600_x_600












Pictdsc_0045 Pictdsc_0090









Pictdsc_0096 Pictdsc_0092







食事を済ませ、いい空気をたっぷりと吸ったあとは、歩いて山を下りる。

男道と女道の分岐点で~

Pictdsc_0119 Pictdsc_0122

軟弱なPUKAは、当然、女道を選んだが~

この坂道、写真右では分かりづらいが、手すりなど無い、でこぼこした石段の急坂。

途中、途中には、「お喋りしながら歩くのは危険」という立て札もあり、女坂の危うさを身をもって体感した次第。

ようやく大山寺に辿り着いた時には、もう、くたくたに~~ _ノフ○ グッタリ

『こんなに険しくても女坂…  もしも、男坂に行っていたら、転げ落ちていたかも…』





残りの道に少し不安を感じながら、無事の帰宅を祈って大山寺を参拝。

Pictdsc_0130 Pictdsc_0133









まだ、緑のモミジが多い参道の石段で

Dsc_0150_600_x_600



大山寺でゆっくり休んだあと、無事、女坂~こま道を下山。

14:30   大山駐車場から、往路と同じコースで帰る。 dash dash

紅葉の見頃には少し早かったようですが、眼下に広がる相模の大地と湘南の海を眺めながら食べたおにぎりの味は格別でした。    pen





|

« ■ 11月の鎌倉散策 ① ■ 鶴岡八幡宮・安養院 | トップページ | ■ 11月の鎌倉散策 ② ■ 報国寺・和賀江島 »

大山」カテゴリの記事

紅葉」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

阿夫利神社過去3回登りましたがいつも威厳がありますね。男道はやはり厳しかったので次回は女道で軟弱に行くと思います。(苦笑)

投稿: RW | 2014年11月22日 (土) 16時43分

今回は女道で下りてきましたが、それでも、足下に神経を集中させ、汗だくになって下山しました。
3,40分ほど歩いただけだったのですが、くたくたに疲れて、次の日は足腰が筋肉痛になりました。(;´д`)トホホ…

投稿: puka | 2014年11月23日 (日) 10時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■ 11月の鎌倉散策 ① ■ 鶴岡八幡宮・安養院 | トップページ | ■ 11月の鎌倉散策 ② ■ 報国寺・和賀江島 »