« ◆早春賦  ~子安の里を訪ねて~◆ | トップページ | ◆雪景色は一日だけ◆ »

2012年2月21日 (火)

◆大根一つから◆

Img_1403_600_x_400

薬師丸大根一つからいろいろ作ってみると~~















2/19      

昨日、子安の里で買ってきた薬師丸大根は、葉を切り落とした後、新聞紙に包んで玄関に置いていた。  

さて~~~
今日はこの大根の料理に挑戦じゃ~~!! 

とは、言ったものの~~   こんな大きな丸い大根を調理するのは勿論、初めて~
普通の大根を使う料理だって、おでんや大根おろしぐらいしか浮かんでこない~~ 

ここはネットで調べるしかないね~~   さっそく「薬師丸大根 レシピ」など、検索かけるけれど~~  ほとんど出てこない。

「薬師丸大根」というのは「聖護院大根」とほとんど同じ…?  それなら「聖護院大根 レシピ」で調べてみよう~

今度はいろいろ出てきた~   さすがに京料理の定番材料だな……  旨そうなのがたくさんあるけど、あんまり本格的なものは無理、無理…













でも、大きいから、二つか三つの献立に分けないとね~~

まずは半分に切っておこう~

Img_1389_500_x_400

ちょっと小さなスイカぐらいはあるな~~









さて、献立もいくつか決まったので、いよいよ調理開始~~!!



まず最初に作ってみたのは…  切り取った皮で作るきんぴら

これは切った皮を細く刻んでオリーブオイルで炒めるだけの超簡単レシピ。

鷹の爪を入れ、塩とこしょうで味付けして、いりごまを振るだけ~

Img_1396_500_x_400

レシピの提供元はこちら→ http://www.spur07.com/archives/cat_50158800.html

<つくれぽ>
オリーブオイルのさっぱりとした味で、酒の肴にはいい感じ。
でも、少し皮の苦味があるのでご飯のおかずには向かないかな~~
残りのきんぴらにベーコンを加えて、炒飯にして食べたら、なかなかGoo--!だったよ。














さて、次は大根の半分くらいを使って、今夜のメインを~。

”大根とがんもどきの煮物” なんだが…

京風に作ると 「聖護院大根とひろうずの炊いたん」 と言うんどすえ~~。
レシピの提供元はこちら→http://nipponsyokuiku.net/kenko/004/syoku1.html

大根が大きいので櫛形に切ったものを、さらに半分に切って面取りを~
柔らかく味がしみ込むまで、何度も煮てから 完成で~~す!!

Img_1391_500_x_400

全部で少し大きな皿三杯分ほどの量に~




<つくれぽ>

好みで濃いめの味付けに~~
じっくり煮た大根は味がしみて本当に美味しい。がんもどきも入ってご飯が進む。
とくに次の日に食べる大根は最高~~!

残り汁に照り焼きダレを加えてイカを煮たけど、これもバッチリ!













さて、三品目~

櫛形に切った大根を一つだけ使って、   大根サラダを作ってみる~~

これは調理するところもないよ~  大根とキュウリとトマトを刻むだけ~

Img_1395_500_x_400

ドレッシングをかけて食べると、シャキシャキの食感であっという間にぺろり~

















大根の残り半分は、やっぱりこれを作りたいね~~

薬師丸大根の千枚漬け~~

聖護院大根と言えば千枚漬けだからね。薬師丸でもいいんじゃないのかな…。

これは完成までに2,3日かかりそうだが、旨い漬け物ができるのを楽しみにしながら~~

大根の繊維を断つように、薄くイチョウ形に切っていく。

大根半分でも、ボール一杯になるほどの分量。  約1.5kgほど

これをビニル袋に入れて適量の塩を加え、一晩重しをしておいた。




次の日、大根から出てきた水をよく切ってザルに上げる。

Img_1413_500_x_400

一枚ずつ包丁で切ったが、これでも100~200枚ぐらいかな~~

とても”千枚漬け”なんては言えないので、 「薬師丸大根百枚漬け」 ということに。












さて、ここから本漬けを行う。

レシピの提供元はこちら→http://mananouen.com/recipe/20081212/senmaizuke.html

取り出しやすい容器に重ねて入れる。

Img_1426_500_x_400

刻み昆布がちょっと多すぎかな…?

後は冷蔵庫に入れておく。…… (-_-)zzz













2日後、百枚漬けの味見~~

Img_1439_500_x_400

うぅ~~~ん、……  ちょっと塩辛い… ┐(´-`)┌

<つくれぽ>
漬け物は難しいな~~塩も酢もちょっと多かったみたい。
パリパリとした歯ごたえがあって、昆布や芥子の味も効いてるんだけど…

下漬けの後に、きつく絞っているんだが…  やっぱり、塩の量が多かったのでしょう。
すぐに旨い漬け物ができるなんて、甘いよね~





でも、大根の葉っぱは捨てないで、刻んで塩もみした浅漬けに~

Img_1444_400_x_400

こっちの方がご飯には合っていたかな~~








≪後書き≫
150円で買ってきた大根一個から、いろいろな料理に挑戦してみた。
”百枚漬け”はうまくいかなかったけれど、次の機会には”美味しい千枚漬け”に再チャレンジしてみたいね。
薬師丸大根は名前はあまり知られてないけれど、聖護院大根の産地や呼び名が変わっただけなのかな…。 
どちらも冬に美味しくなる食材だね。
一つの食材からいろんな味が楽しめた、価値ある150円だった。
でも、この大根、近くのスーパーや生協には売っていないからね~~。


また、子安に行ったときには、買ってこよう~~!







|

« ◆早春賦  ~子安の里を訪ねて~◆ | トップページ | ◆雪景色は一日だけ◆ »

男の料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆早春賦  ~子安の里を訪ねて~◆ | トップページ | ◆雪景色は一日だけ◆ »