« ◆野花菖蒲など◆    箱根湿生花園 | トップページ | ◆ガラスの森美術館 ①◆ »

2009年6月21日 (日)

◆ハンカイソウなど◆    箱根湿生花園

Dsc_0094_800_x_600

明るい湿地で花を咲かせるハンカイソウ

  

 

 

 

 

  

 

 

6/13   湿生花園で

今回もその続きを。

この大きな菊のような花はハンカイソウという名前だそうです。

中国の武将 樊会に由来し、勇壮に直立する姿が例えられたということです。

Dsc_0100_800_x_600

 

よく見かける花だと思っていましたが、ハンカイソウは本州中部静岡県以西から九州、四国にかけて自生し、この箱根には元々なかった植物だそうです。 

樹木に囲まれた日陰の湿原の中で、黄色の大きな花が目をひきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アミメヘイシソウ(網目瓶子草)という食虫植物

Dsc_0027_1024_x_768

  

 

 

 

  

 

 

 

  

 

Dsc_0023_1024_x_768

ランのような花も咲いていました。

食虫植物は熱帯などの暖かいところで育つという思い込みがあったので、箱根の山の上で見て、ちょっと驚き。

かなり耐寒性があるんですね。 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

ブルーポピーはそろそろ終わりの時期になっていました。

Dsc_0007_1024_x_768

 

 

 

  

 

 

 

 

四季咲きコマクサ

Dsc_0015_800_x_600

日本の高山に自生して、夏の短い時期だけに咲くコマクサとは、色や形がちょっと違います。 

 

 

 

 

 

 

 

これも四季咲きでしょうか?こちらの方が自生するコマクサに近いようです。

Dsc_0064_800_x_600

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

  

サンショウバラと台ヶ岳

Dsc_0074_800_x_600

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初夏を迎える仙石原湿原

Dsc_0081_800_x_600

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

|

« ◆野花菖蒲など◆    箱根湿生花園 | トップページ | ◆ガラスの森美術館 ①◆ »

箱根」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆野花菖蒲など◆    箱根湿生花園 | トップページ | ◆ガラスの森美術館 ①◆ »