« ◆小名浜~裏磐梯◆   | トップページ | ◆夏の終わりに◆ ① »

2008年8月27日 (水)

◆ふるさとの風景◆

033_800_x_600 ここが故郷ではありません、シグで出かけたときの記録写真。   ”どこか分かりますか?”

 

 

 

 

”Cowboy parking only”だと、馬しかダメなのかな?

”ほかはみんなブタ小屋行き”のようだけど、シグは愛馬ということで、まあいいか。

でも、ちょっと場違いという感じ。やっぱりここにはアメ車が似合うな~。

 

 

 

 

 

正解はこちらの場所。 

 

久しぶりにシグナスのことを。現在、走行距離、1,396km。購入してそろそろ2ヶ月になる。 一日平均では… 1396÷57=24.49…km ちょっと多いかな~

ここまで、全く問題もなく、快調な走り。

でも、不満な点が一つある。それはシートの座り心地が良くないこと。前に乗っていたリードでは、全く感じなかったが、長く運転していると尻が痛くなる。ローダウンやカスタムシートに替えてみようかと思ったが、値段も高いし我慢。

 

 

さて、タイトルの”ふるさとの風景”を。

九州は福岡県からです。

大川市の若津にある”昇開橋”

354_800_x_600

筑後川をまたいで、佐賀市の諸富と結ばれている。国鉄佐賀線(1987年 廃線)の鉄橋として1935年(昭和10年)につくられている。

 

 

 

 

339_800_x_600

舟運との共存のため、橋桁の一部が垂直方向に上下する昇開橋として日本に現存する最古のもの。橋の全長は507.2メートル、可動部分の長さは24.2メートル、昇降差は23メートル。  

 

 

 

こちらは、みやま市の清水山にある三重塔

027_800_x_600

江戸時代の1836年、柳川藩主 立花貞則の命で建立。昭和59年(1984年)に修復され、県重要文化財に指定されている。 

 

 

 

012_800_x_600

まだ鮮やかな朱塗りが美しい。ここから一キロほど下ったところには、清水寺の本坊庭園 があるが、その昔、そこで合宿したことが思い出される。 

 

 

 

 

こちらは道路建設財源をタップリ遣ってつくられている”有明海沿岸道路”

3411_800_x_600

大牟田市を起点とし、佐賀県鹿島市に至る予定の延長約55kmの自動車専用道路。国道208号および国道444号のバイパスとして、先行開通している区間は一般道路として走ることができる。 

 

 

 

矢部川の地盤沈下橋3061_800_x_600 軟らかな地盤のため、橋脚が沈下して、開通が遅れている。巨額な予算が組まれているのに、いつになったら完成するのやら~    

沿岸道路は、この地方の有力議員の名前を付けて呼ばれていた。 

 

 

 

  

|

« ◆小名浜~裏磐梯◆   | トップページ | ◆夏の終わりに◆ ① »

旅行・地域」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆小名浜~裏磐梯◆   | トップページ | ◆夏の終わりに◆ ① »